健友会の訪問看護

地域医療をチームでサポート「こんにちは」から始まる訪問看護

上高田訪問看護ステーション 所長 内 孝子さん上高田訪問看護ステーション 所長
内 孝子 さん

健友会の訪問看護について

私たちが考える理想的な医療とは「命に差別を持ち込まない」こと。どのような立場にある方でも、平等・公平に医療を受ける権利があると考えています。病院や診療所、そして訪問看護ステーションのように、健友会がさまざまな形態で地域の皆さんに最適な医療を提供しているのにはそんな理由があります。

その実現に欠かせないのが、医療機関としての強い連携です。訪問看護の現場には看護師の他にケアマネージャーや介護ヘルパーなど、別の分野の担当者が関わっていることが少なくありません。そこで大切なことは、患者さまとご家族が抱えられている課題を解決するというただ一点です。

そういう意味でも、医療的な側面から患者さまに寄り添っている私たち訪問看護師は、ご本人やご家族にとって理想的な暮らしを実現し、優れたチームケアを提供するために重要な役割を担っています。

暮らしに寄り添うやさしい看護

暮らしに寄り添うやさしい看護医療に従事する立場に立ち、患者さまの暮らしに密接に関わる訪問看護師は、その意識や技術がプロフェッショナルであるのと同時に"気付きの力"が求められるお仕事です。

前回伺ったときと何かが違う......風邪はひいていないとおっしゃるけれどティッシュがずいぶん減っている......。病院における看護は"一本の長い線"のようなものだと言われますが、私たちのケアは「点と点を結ぶ看護」です。前回お会いしたときと今回の間で何があったかを確認し、ときに推測しながら、最適な看護を提供していきます。

その点と点の間を埋めるのが、高度な医療知識・技術であり、対人における信頼関係です。訪問看護のお仕事は、まず私たち自身が患者さまを信頼することから始まります。相手の立場に立って価値観を理解し、一人ひとりの生活のリズムに合わせた医療サービスのご提案を差し上げながら、患者さまやご家族とのコミュニケーションを深めていってください。

教育・研修などのサポート体制

健友会では「安心して、誇りを持って働いていただく」ことを研修テーマに掲げ、医療技術の向上や将来の目的に合わせて選べる研修など、多彩なカリキュラムでバックアップしています。また、東京民医連(東京民主医療機関連合会)研修や看護協会研修、看護活動研究交流会(院内・東京都内・全国)への参加など、さまざまな角度からキャリアアップを応援しています。

今後私たちは、地域医療のさらなる充実に取り組んでいきます。それを支えるのは「人」。訪問看護という働き方に興味をお持ちの方、安定組織で看護の知識・経験を活かしたい方を歓迎します。

訪問看護 一日の流れ

入職フォロー

現在看護師として働き、転職を考えられている方はもちろんですが、子育て中の方やブランクがある方、訪問看護という働き方が初めての方など、なにかと不安を感じている方がいらっしゃると思います。そこで私たちはそうした方々へのサポートとして「訪問看護体験」を実施しています。
平日(月~金)のご都合がよい時間に先輩スタッフと一緒に患者さま宅をご訪問いただき、訪問看護のお仕事を入職前に体験することができます。半日でも終日でも複数回にまたがっても結構ですので、座学では得ることのできない現場の空気感をぜひ感じ取ってください。
ご希望の方は下のフォームからどうぞお気軽にご連絡ください。お待ちしています。

訪問看護体験の予約はこちらから

ページの先頭へ