共に育つ、共に生きる

健友会の看護

看護部長あいさつ健友会 看護部長 小林はるみ

必要なのは、看護に対する熱意と患者さま・地域の方々へのこだわり...。あなたの力を、健友会で発揮してください。

「無差別・平等の医療」を理念として、健友会は地域の方々や時代に求められる医療・福祉のあり方を実践してきました。その特徴的な取り組みの一つに、人のつながりを重視したネットワークの構築が挙げられます。
急性期医療から在宅医療まで、幅広い領域の医療サービスを提供するために、中野共立病院、診療所、訪問看護ステーションなど、多岐にわたる医療機関を開設。患者さまや利用者さまのライフステージに合わせたケアを心がけています。
私たちが必要としているのは、皆さんの看護に対する熱意と患者さまへの思いやりです。知識や経験に加えて、これまでに培ってきた気づきや人間性を存分に発揮してください。患者さまの健康状態だけでなく、生活背景までを含めた包括的なサポートをお願いします。
健友会には歴史と全国組織の一員という安定性がありますが、未完成の部分も多々あります。医療現場のフィールドプレイヤーから始まり、教育担当、組織運営に携わるなど、さまざまな働き方が選べます。皆さんの一人の人間としての成長に期待しています。

看護の実践

健友会患者さまを守り、
あなたと支えるチームワーク医療を
行なっています。

チームワーク医療当院の医療スタッフは、患者さまの立場に立った患者さま中心の民主的集団医療を行なっています。他職種参加カンファレンスでは医師、看護師、薬剤師、理学・作業療法士、臨床検査技師、栄養士・調理師などスタッフが分け隔てなく意見を出し合い、情報を共有し解決策を考えます。また、患者さま自身や家族の方にも会議に入っていただくこともあります。チームワーク医療は患者さまのためだけではなく看護の質も高めているのです。

次は「看護部の概要」を紹介します

ページの先頭へ